2009-03-08 19:56
updated
 
 
 
 
  CADの紹介
 
 
戸田設計は
1) Jw_cad自作外部変形プログラムによる図面作成時間を削減する努力をしました。
2) プレゼンテーション手段として3次元パースを利用し始めました。
お客様との説明に十分な時間を確保すること、そしてその時間でお客様に対してわかりやすいプレゼンテーションを活用することです。
これらは直接的に お客様満足度の向上に結びついています。

IT化と作業効率にとって大切なことは自分で理解しているということ。その上で活用し、応用、利用できるということです。それができない限り何百万円のシステムを入れても猫に小判、いつまでたっても導入経費ばかりかかった上で効率化は程遠いものとなり得ます。

ここで、私がやってきた作業効率改善の具体例を下記2つのプログラムを通して紹介したいと思います。
 
戸田設計のARCHI TREND Z を利用したパースの作品集はこちら。
Copyright (C) 2006 Toda Architect Office Corporation. All Rights Reserved